WEBに関する専門家と探偵としての調査技術を融合させた新しい形の総合探偵事務所です。

誹謗中傷・風評被害の解決方法について

・検索結果に誹謗中傷、風評被害が及ぶ場合
検索サービス大手であるGoogleやYahoo!は、検索エンジンを利用する際に「検索しようとしているキーワードに関連する語句を提示するサービス」を行っています。
たとえば「食品偽装」というキーワードで検索を行う際、実在する食品メーカーの社名が「食品偽装 A社」とセットで表示されたら、ユーザーにはどのような印象を与えるでしょうか?

仮にそのメーカーが食品偽装などに関わっていなかったとしても、検索結果にそのような表示が行われてしまったという事実だけで、そのメーカーには大きな風評被害が発生するのではないでしょうか。

その他のにも、自社名を検索した際に「ブラック」・「倒産」・「悪徳」など不穏な単語が表示されてしまうケースがあります。
このような状態が会社の営業活動や採用活動に与える不利益は説明するまでも無いでしょう。
上記のように検索窓に自動で表示されてしまう単語や、「関連するキーワード」・「虫眼鏡ワード」欄についても、法的に対処することで削除が可能です。

・不穏な単語表示の仕組みは?
検索エンジン上で表示される予測検索や、関連するキーワードは、入力されたキーワードと一緒に検索される頻度の高いキーワードを頻度の高い順に機械的に表示しています。
自然に表示がなくなることもありますが、関連ワードとして表示されている限り新たな検索を誘発しますので、一度表示されてしまうと対処を行うまで継続してしまうことも多くあります。

・弊社にご依頼いただいた場合の解決方法
もし御社に対して悪意を持つ第三者が、御社名を名指しにしてネット上で誹謗中傷を行ったり、あるいは風評被害を目論んで悪質な情報を大量に発信したりすると、御社の社名や商品名・サービス名が「悪い印象を与えるキーワードとセットで」検索エンジン上位に表示する可能性はゼロではありません。

もちろんこのような攻撃は名誉毀損や営業妨害に該当します。法的な手段による対抗が望ましいのですが、このような攻撃に対して発見が遅れたために「情報発信者が不特定多数を装っており特定できない」「すでに情報が拡散し過ぎていて手がつけられない」といった炎上事例も多数見受けられます。特に、悪意ある誹謗中傷や風評を見たユーザーがその情報を真に受けたり、あるいは自分が拡散者となってしまったりしている場合には事態の収集が非常に困難になります。

しかし「風評被害は避けられないから」と、手をこまねいて静観していても状況は改善しません。誹謗中傷・風評被害に対する最善策は「早期発見・早期対策」です。
事態をこれ以上悪化させないための具体的な防衛策は、実は多彩にあるものなのです。
重ねて言います。『誹謗中傷・風評被害を放置していては、確実に事態は悪化します』。

一刻も早く専門家に相談を持ちかけ、「今からできる次善策」について協議するべきでしょう。

そのため、弊社がご相談者の代理となりYAHOO!やGoogleなどの検索エンジン運営会社に対して、表示されている不穏な単語の削除を要求します。
削除までの期間は、通常であれば1ヶ月程度となっております。

また、法的対処を行う場合には、削除できる単語とできない単語がございますますが、弊社はこれまで多数の事例を取り扱っているため、過去のデータと照合することで、正確かつ迅速に削除見込みの判別が可能となっております。

・他社(SEO専門業者等)との違い
一度の対処で根本的な解決を目指しますので、継続的対策ではありません。

その為、継続的な課金ではなく、費用負担は削除請求時のみとなります。
契約終了したとたんに再び表示されるようなことはありません。

弊社は、検索エンジン案件対応の実績も豊富ですので、まずはご相談ください。

コラム一覧を見る