WEBに関する専門家と探偵としての調査技術を融合させた新しい形の総合探偵事務所です。

浮気・不倫・離婚、男女トラブルから発展すること

ネットトラブルに遭った女性

「最近夫(妻)の様子がおかしい。」
「配偶者・交際相手と喧嘩別れをした。」

これと並行してインターネット上にいわれのない書き込みが出始めた。

交際関係を解消した際の感情的な行き違いから、元交際相手を逆恨みし、
悪口を書き込むケースや、浮気相手が嫌がらせ目的でインターネット上に、浮気相手の悪口を書き込むケースなどがあります。

感情的な対立から悪質な内容になってしまう傾向があり、
また個人情報等を知られている場合がほとんどで、大きな問題に発展してしまうこともあります。

書かれることの多い悪口の例として、
「○△社の××に貢がされ、おまけに性病をうつされた。」や「○×に住んでいる□×は出会い系サイトで男漁りをして、複数人と不倫をしている。」などの書き込みが多くみられます。

このような書き込みの件数が、2~3件程度の場合には一時的に感情的になってしまったものである可能性もありますので、
問題の書き込みを早急に削除することで容易に解決できる場合もあります。

しかし下記のような場合には、注意が必要となります。

「一度に書き込みの量が多い」「レスポンスが異常なほど長文である」
「多数のスレッドやサイトに同様の書き込みがある」
「投稿時間を見ると長時間にわたって悪口が継続して書き込まれている」

上記のような危険な兆候がある相手の場合には、単純に問題の書き込みを削除しても書き込みは止まず、問題が解決できない場合がございます。

正式な法的手続きにより投稿者の個人情報を特定し、
損害賠償請求や場合により刑事告訴を行い二度と同じような行為を行わせないようにする必要がございます。

書き込みの投稿者の特定は、技術的な制約から可能な期間が限られておりますので、
上記のような危険な兆候と判断しましたら、早急にご相談ください。

コラム一覧を見る